忍者ブログ

尾道発 - カメラ屋の独り言 -  Presented by せいのカメラ店



15日の記事で、根菜を使った麺料理を模索している話をしました。
そこで少し見えてきたのは、麺自体が野菜ということもあるのか、ガーリックトマトであるとか、バジルであるとかといった植物系のソースだと、どうも合わない感じ。
そう思って、ミートソースとかチーズソースとかにしてみるとマッチングが良くなってきました。
と言うことで今回は更に動物系を模索してみましょう。

まずはこちら。

動物系で手元にある材料で作ってみました。
ツナマヨ。

ニンジンパスタをレンジで加熱して、フライパンでツナマヨと絡めてみました。
思った通り、動物系のソースは合いますね。
でも今回もニンジンパスタの加熱加減がイマイチ合わない。
ちょうど良くなるあたりを探ってみる必要がありますね。

と言うことで、沸騰したお湯にニンジンパスタを入れて時間を測って、茹で加減を見てみます。

するとですね、フライパンでソースと絡めることを前提にした場合は、
1分茹でるのがちょうどいい感じです。
茹で上がりにソースを絡めるだけで火を通さないのであれば、1分20秒程度でしょうか。
この辺りの時間の微妙さが難しいですね。

ではそれを踏まえて、

イカスミソース。
これは見た感じもまさしくイカスミパスタ。
レトルトのソースと絡めるだけでしたので、1分20秒茹でてます。

うん、これをアルデンテと言っていいのかどうか分かりませんが、ちょうどいい感じの弾力になってますよ。

イカスミの香りが強めなので、ニンジンの雰囲気がおさえられていい感じです。
これいけますね。

ではそれに気を良くして、
初期にチャレンジしたカルボナーラをもう一度。

これもレトルトのソースを絡めるだけなので、1分20秒茹でました。
しかしですね、ソースと絡めると少し冷めてしまう感じがあります。
ですので、絡めるだけのソースでも、仕上げにフライパンで加熱するか、
レンジで再加熱するか、
でなければ、ソースをあらかじめ加熱しておくか、
などの対応をしたほうが良さそうです。

ではお次、
スーパーでアサリが安くなっていたので、

ボンゴレビアンコ。
決してボンゴレロッソでは有りません。
ニンニクと鷹の爪でオリーブオイルに香りづけして、アサリと水を足して火を通します。
塩味を付けて、スープが全部飛んでしまわないようにして、
そしてニンジンパスタと絡めます。
今回は1分茹でたもの。

うん、これはいいですね。
美味しい。

ペペロンチーノだとニンジンの味が勝ってしまうこともありますが、これならアサリの香りがニンジンをおさえてくれます。

今回の中では、イカスミと、ボンゴレビアンコ、オススメです。

さて、次はなに行きましょうか。
しかし最近、ニンジンを一日一本食べてる気がする。

拍手[1回]

PR

 
◎ Post your Comment
Name
Title
E-mail  ※アドレスは公開されません
URL
Comment
Pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
◎ カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
2 5 6 7
8 9 10 11 12 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
◎ Facebook
◎ SEINOセレクトショップ
このブログやInstagramに
掲載した写真の
購入ができます
◎ ブログ内検索

◎ 最新コメント
[09/10 ゲッキツ]
[09/01 ゲッキツ]
[06/15 勢理客館長]
[09/09 勢理客館長]
[06/19 勢理客館長]
◎ お問い合わせ
 せいのカメラ店へのご連絡等にご利用下さい。
◎ プロフィール
HN:
清野浩也
自己紹介:
せいのカメラ店
seino@bbbn.jp
◎ P R
Script: Ninja Blog 
Design by: タイムカプセル
忍者ブログ 
[PR]