忍者ブログ

明日は明日の風が吹く Ver.2

尾道発 - カメラ屋の独り言 -  Presented by せいのカメラ店

現像上がりました

ここのところ、フィルムを使うことが有りません。
うちにフィルム現像機を置いていた頃は結構使ってたんですが…
そんな中、フォクトレンダー・ビトーをお借りしまして、とっても久しぶりにフィルムを使ってみたという話を先日の記事に書きました。
撮ったからといってすぐ見れないという話をしましたが、

その現像が上がってきました。

フィルムを見てみますと、どうやら蛇腹からの光線漏れも無いようで、適正露出で写っているようで、シャッタースピードも問題無さそうです。

ではスキャンして、画像を見てみましょうか。
デジタルに慣れた目には、どうもフィルムスキャンの色かぶりが気にってしまいますね。
スキャナーの調子も良くないのかもしれませんが…


洋らんセンターで早い桜が咲いていました。
こういう時の露出は難しいですが、iPhoneアプリの露出計を使って測りましたので、結構思った通りの露出になってます。

気になる色かぶりやコントラストなどは、スキャン後にフォトショップで調整しています。


室内での撮影。
絞りは開放のF3.5です。
被写界深度が浅くなることに加えて、距離計のない目測ですので、ピント合わせが難しいです。
案の定、前ピンになってますね。

しかしさすがフルサイズ、F3.5でも被写界深度は浅いです。


屋外での撮影なら、十分に絞れますし、シャッタースピードも早くできますので、ピントも合いやすくなります。
しかしシャッタースピードは、最速でも1/200秒です。


室内での光の少ない環境では、シャッタースピードも遅くしないといけません。
この時で1/50秒ですね。
しかし、少々押しにくいシャッターボタンだったせいか、軽く手ブレしてます。
それに、最短撮影距離は1m。これ以上寄れません。


開放ではやっぱり柔らかすぎるようではありますが、絞るとピリッとしてきますね。


F16まで絞ったとしても、1mにピントをあわせると、被写界深度は1.6mまで。
遠景もボケてきます。
センサーの小さいなコンデジでは難しいですね。


こういう時の色調整が難しいです。
でもそれが楽しい。


この日は曇っていたこともあって、色があまり乗ってきませんでした。
それだけに転びやすい。

といった感じの試写でした。
フィルム現像が上がってくるのって、やっぱ楽しいですね。

天気のいい日にも撮ってみようかな?

拍手[2回]

PR

コメント

1. 慣れると

これからはもっと、思い通りにゆくと思いますw。(^^♪

Re:慣れると

コメントありがとうございます。
被写界深度の浅い写真が好きなので、やっぱ距離計がほしいです…

2. 鑿・鉈、一種しかなくても

仏像は、彫れるとか・・

Re:鑿・鉈、一種しかなくても

匠ならば…

3. それが出来ると

匠ということに・貴君は出来ると思いますw。

Re:それが出来ると

精進します…

カレンダー

12 2018/01 02
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
12 13
14 16 17 18 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

せいのカメラ店HP

Facebook

ブログ内検索


最新コメント

[01/10 NONAME]
[09/10 ゲッキツ]
[09/01 ゲッキツ]
[06/15 勢理客館長]
[09/09 勢理客館長]

お問い合わせ

 せいのカメラ店へのご連絡等にご利用下さい。

プロフィール

HN:
清野浩也
自己紹介:
せいのカメラ店
seino@bbbn.jp

P R