忍者ブログ

尾道発 - カメラ屋の独り言 -  Presented by せいのカメラ店



形あるものいつかは壊れるとは言うものの、二度と造られることがない古いカメラが、機能しなくなって捨てられていくのは悲しいものです。
ですのでなんとか使えるようにしてあげたいところ。
そう思われているクラカメファンのかたも少なくないでしょう。
今回はそんな古いカメラの試写をしてみました。

35mmのスプリングカメラ。

Voigtlander VITO。
読み方は、フォクトレンダー・ビトーです。
ビトーと名がついたカメラは私もビトマチックIIbを持ってますが、そのご先祖様。
ビトーと名がついた最初のカメラです。

見ての通り、蛇腹のついたスプリングカメラ。
ですので蓋を閉めれば結構コンパクトです。


持ち歩くにはやっぱりストラップが必要ですが、ビトーシリーズって、ストラップ取り付け穴がないものが多いんですよね。
そこで今回はブラックラピッドをつけて持ち出すことにしました。

でもこのスタイル、意外といいかも。

自転車乗るにもいい感じです。

ではでは持ちだして撮影してみましょうね。
しかしこのカメラ、まったくもって全てマニュアル。
露出計なんてもちろんついていませんし、距離計だって有りません。
ピントは目測。
しかも最短撮影距離は1m。

1cmじゃありません。

撮影したあと背面を見ても、

今撮った画像を確認できるはずもなく…

せめてもの救いは、巻き上げないとシャッターボタンが押せず、シャッター切らないと巻き上げられないという機構があることでしょうか。
しかしそれでもシャッターセットは巻き上げには連動しておらず、その都度のレバー操作が必要です。

しかしこの撮影するまでの儀式的作業が楽しいですね。

露出も慣れれば概ねわかりますが、やっぱり露出計は持っときたいところです。
でもそれも面倒なので、私はiPhoneのアプリを使ってます。

iPhoneのカメラ機能を使って、向けた方向の露出を表示してくれます。
「Light Meter」というフリーソフト。
他にもいろいろ露出計アプリはありますが、私にはこれが使いやすいかな。
GUIもかっこいいし。

ということで、撮影した写真をすぐにここに載せることはできません。
フィルム現像の本数も少なくなったので、うちの店でも現像機は廃棄しました。
ですのでラボに現像に送ります。

さて、ちゃんと写ってますでしょうか。
出来上がるのが楽しみです。

拍手[3回]

PR

 
◎ Post your Comment
Name
Title
E-mail  ※アドレスは公開されません
URL
Comment
Pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
◎ さて、どんな写りに

楽しみです。どんどん使ってお楽しみください。(^^♪

勢理客館長 2016/04/01(Friday)10:19:48 Edit
◎ Re:さて、どんな写りに

勢理客館長さん、コメントありがとうございます。
テストに使わせて頂きましてありがとうございます。
一本撮り終えて、今現像中です。
出来上がりは、できればブログでご紹介する予定です。

【2016/04/0111:14】
◎ 写真のup

楽しみです。(^^♪

勢理客館長 2016/04/01(Friday)11:57:05 Edit
◎ Re:写真のup

鑑賞に耐えるものがあれば…

【2016/04/0112:44】
◎ カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
◎ Facebook
◎ SEINOセレクトショップ
このブログやInstagramに
掲載した写真の
購入ができます
◎ ブログ内検索

◎ 最新コメント
[09/10 ゲッキツ]
[09/01 ゲッキツ]
[06/15 勢理客館長]
[09/09 勢理客館長]
[06/19 勢理客館長]
◎ お問い合わせ
 せいのカメラ店へのご連絡等にご利用下さい。
◎ プロフィール
HN:
清野浩也
自己紹介:
せいのカメラ店
seino@bbbn.jp
◎ P R
Script: Ninja Blog 
Design by: タイムカプセル
忍者ブログ 
[PR]