忍者ブログ

明日は明日の風が吹く Ver.2

尾道発 - カメラ屋の独り言 -  Presented by せいのカメラ店

シャッターバラそう

井上順さんのCMで一世を風靡したコニカC35のレストアの続き。
旅行に持ってける大きさということで、ジャーニーコニカという愛称になったとか。
その後もフラッシュを内蔵したピッカリコニカ、オートフォーカスになったジャスピンコニカというふうに進化していきました。
前回の話で、レンズを外すところまで行きましたので、今回はシャッターへのアクセスです。

4本のプラスネジを外すと、レンズ部分がまるごと外れます。

ですけど、ここにも配線がつながっています。
私はこういうのは好きじゃないです。

配線はどこかで固定されているようなので、無理に引っ張らずにおきましょう。
しかし切れてしまう心配はあります。

と、ちょっと触ったらシャッターが閉じました。


もしかして直った?
と思って巻き上げてシャッター切りましたが、なんかちゃんと動きませんね。
やっぱ問題ありです。

では分解を進めましょう。
まずは真鍮製の円盤を外します。
赤矢印のストッパーを外して、円盤を緑矢印の方向に回せば外れます。
左上にレバーが引っかけてありますので、位置関係をあらかじめ確認しておくといいと思います。


次に矢印のプラスネジ2本を外して、黒い円盤状のプレートを外します。


するとこのようにシャッター羽根が出てきます。
リンケージ部には補助プレートもありますので位置関係を確認しながら外します。
今回は、シャッター羽根に油は回ってないようですので、特にクリーニングは必要ないですね。
そしたら矢印のプラスネジを外して、下の黒いプレートを取ります。


そしたらこの状態でシャッターを切ってみます。
やっぱどうも動きが悪い。シャッター羽根を動かすピンの動作が途中で止まる。
ですのでこれは、シャッターガバナーに問題がありそうです。
では続いてシャッターユニットを外しましょうか。
矢印の4本のプラスネジを外します。

でも今回の内容では、シャッター自体の分解は必要なかったようですね。
ま、分解の参考までに。

と言うことで今回もこの辺で。

拍手[1回]

PR

コメント

カレンダー

08 2018/09 10
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

せいのカメラ店HP

Facebook

ブログ内検索


最新コメント

[07/11 Lak3]
[01/30 勢理客館長]
[01/10 NONAME]
[09/10 ゲッキツ]
[09/01 ゲッキツ]

お問い合わせ

 せいのカメラ店へのご連絡等にご利用下さい。

プロフィール

HN:
清野浩也
自己紹介:
せいのカメラ店
seino@bbbn.jp

P R